ワンツースポーツクラブ

tel:03-3541-1212

痩せるメカニズム 男性編

男性がボクササイズ®に期待すること

多くの男性の方が「鍛えたい」「痩せたい」「運動不足を解消したい」「格闘技系を経験してみたい」と思ったことがあると思います。

この思いは、明らかに女性が望むダイエットとは違うのではないでしょうか?

女性の場合は「きゃしゃになりたい」であったり、「スッと細く」であり「部分的に引き締めたい」などの思いが強いと思われます。
ですが男性の場合「鍛えたい」イコール「筋肉を付けたい」細マッチョや太マッチョであり、「痩せたい」という事も「きゃしゃな身体になりたい」という訳ではなく、「引き締めたい」のだと思います。
「運動不足の解消」も、このまま何もしないで弛んでゆく身体への危機感や、少しでも生活に運動を取り入れる事での、「ストレス解消」を願っているのではないでしょうか。
そして、どうせ運動するなら格闘技系に挑戦してみたい。
そんな一念発起、決意のもとに、ボクササイズ®を始めてみようかと思うのではないでしょうか。

カロリーコントロールの方法

一口に鍛え引き締まった身体を作る、って大変そうだと思いませんか?
簡単だとは決して言いません!
一言でいうのであれば、自分次第だと思います。
どこまでストイックに取り組むかで変わると思われますし、その度合いで健康維持からボクサーレベルまで、ご自身で決められると思います。

当然、ボクササイズ®だけやっけていれば、などと都合の良い事は言いません。

やはり食事のコントロールも必要だと思っております。
食事制限と聞いただけで、面倒臭いと考える方は多いと思います。
カロリーコントロール?
何カロリーだかわからないし、毎食計算なんて不可能!
それが正解ですし、それで良いと思います。

大切なのは、食事に気をかける事だと思って下さい。

毎食じゃなくても良いのです。1日の内の1食でも、「今日は少し多めに野菜を取ってみよう」とか、「必ず最初に野菜を口にしてから他の物を食べる様にしよう」とか、「夜はご飯や麺など炭水化物を止めてみよう」など、自分自身が食事と身体に気を遣えているいるなと、実感していく事が大事だと思います。
しばらく続けてみると、身体があなたに合わせてくる事となるでしょう。
「あれ?以前は食べたらすぐに身体が暑くなって汗をかき出していたのに?身体が暑くならない」と体感される事により、食生活の意識は高まってゆくと思われます。

筋肉を増やして引き締まった身体に

代謝の割合 筋肉運動の割合

ここで運動の登場ですが、その前に簡単な仕組みを頭に入れておきましょう。

人間は必ず食べ物を口から入れます。
これが身体の中で分解され、プラスのエネルギーとなります。
そして生きていく為に内蔵を動かし、食べ物を分解し、筋肉を動かす、いわゆる基礎代謝です。
エネルギーを消費します。マイナスエネルギーです。(しかも基礎代謝はエネルギー消費の70%近くを占めます。)
そして生活消費エネルギー日常動作であり、通勤・仕事・家事、そして運動です。
マイナスエネルギーですが、エネルギー消費は30%程度となります。

単純に口から入る食べ物のプラスエネルギーが、基礎代謝や生活消費エネルギーなどのマイナスエネルギーを上回れば太ってゆきますし、逆に下回れば痩せていきます。
単純だと思いませんか?

では食べなければ良いのか?

痩せたいだけならyesですが、病気になってしまったり、リバウンドしやすいのでおすすめは出来ません。
ではどうすれば・・・答えは筋肉にあると思います。

70%の基礎代謝の内、筋肉の収縮エネルギーが40%を占めます。
人間は筋肉の鎧で出来ていますから、この筋肉を利用しない手はありません。
運動により筋肉の収縮をさせ、筋繊維を増大させる。
そして同時に脂肪を燃焼させてゆくのです。

これが引き締まった身体を作る原理だと思います。

ボクササイズ®と運動の種類

運動は大きく分けて2種類あります。
有酸素運動と無酸素運動、それぞれ特徴があり主に有酸素運動では、血中に酸素を取り込みながら、脂肪燃焼と心肺機能を高めることを得意とします。

そして無酸素運動は、筋肉に負荷をかけ筋繊維を切り、成長ホルモンを分泌させ修復しながら筋肉増大をさせる事を得意とする事となります。

ボクササイズ®は、この2つの特性を同時に持つ極めて稀なスポーツと言っていいでしょう。

3分1ラウンドによるボクササイズ®独特のステップワークは、シャドー、サンド、パンチング、全てにおいて有酸素運動となります。
体の中に酸素をたくさん取り込み、脂肪の燃焼をうながします。

これらのトレーニングは同時に、無酸素運動もおこなっている事となります。
どうして?と思うかもしれませんが、ステップワークによる有酸素運動を続けながら、瞬間的にあらゆる部分で回転運動をおこしながら、力を集中させてパンチを打ち込む。
パンチを連続する事で無酸素運動もおこなえるのです。

目指す体型と健康を

このトレーニングをしていると、嬉しい事に脳から成長ホルモンが分泌されます。

近年、成長ホルモンはアンチエイジングとダイエットで注目されています。
脂肪を分解しエネルギーに変えたり、筋肉などの細胞を再生させる為のホルモンが成長ホルモンです。

成長ホルモンは、睡眠中か運動時に分泌されます。
運動の中でも有酸素運動より、無酸素運動時に分泌される事が解っています。
さらに、成長ホルモンが分泌されている時に、有酸素運動をおこなうとより、脂肪燃焼効果が高いといわれています。

そうです、ボクササイズ®は有酸素運動+無酸素運動+成長ホルモンによるダイエット

脂肪燃焼をし、筋肉を引き締め、ストレスを発散する、ご自身のライフスタイルにボクササイズ®を取り入れ、目標とする体型と健康を手に入れてみましょう。

※当サイトに記載されている BOXERCISE® ボクササイズ®は三迫正廣の登録商標です。