ワンツースポーツクラブ

tel:03-3541-1212

痩せるメカニズム 女性編

女性の痩せたい気持ちと現実

多くの女性の方が「痩せたい」「ダイエットしなきゃ」と考えていると思います。
それでは、どんな感じに痩せたいのでしょうか?

「スっと細くて」とか「きゃしゃな体になりたい」とか「筋肉は付けたくない」「運動は嫌い」「食べる量を減らしてカロリーコントロール」
もしも、これらを叶えるべくダイエットをおこなったら・・・病気になってしまいます。
例えすぐに病気にならなくても、年齢を重ねていく毎に病気が増えていってしまうでしょう。

世の中にはたくさんのダイエット法があります。
ビジネス志向の間違っているものや、一時的なもの、リバウンドを起こせば、自分には合わなかったと、合うものを探し続けて時間だけが経過していってしまう。これでは、痩せられません。

自分の未来を考えて、美しく痩せる事を考えて下さい。
美しく痩せることって、外見はもちろん、体の中も含めて綺麗に痩せるという事です。

未来を考えて痩せるのであれば、どれか1つだけ、は止めましょう。
運動だけとか、食事だけのダイエットでなく、両方必要です。
野菜や魚を中心とした食事、肉だって勿論食べていいのです。そのかわり少しだけ気にかけてみましょう。
毎食じゃなくても良いのです。1日の内の1食でも「今日は、少し多めに野菜とったな」とか「メインを肉じゃなくて魚にしたぞ」とか「肉を脂身が少ないのにしたぞ」とか「よしよし、私は自分の体に気を遣えてるな」と徐々に実感していく事が大事なのです。

しばらく続けている内に、体の方がどんどんあなたに合わせてきます。

痩せるメカニズム

痩せる為には理屈があります。

簡単です。人は必ず食事をします。エネルギーが入ります。
人は必ず動きます。寝ているだけでも内蔵は動いています。エネルギーを消費します。
なのでどちらの方がより多いかで、太るのか、痩せるのかが決まるのです。

だからこそ運動をして、運動消費エネルギーを増やすのかって?食べた分を取り戻さなきゃって?

うーーん間違ってはいません。でも、大変な話です。確かにカロリーは消費されるでしょう。
体重にもよりますが、女性が45分のウォーキングか30分ジョギングして、消費されるカロリーは約200kcal おにぎり1個分です。
運動して帰ってきて、その後食べて良いのやら、悪いのやら。
誰かが教えてくれる訳でもなく、なんとなく走ってみたり、食べてみたり、食べないでみたり、をあなたは繰り返していませんか?

効率の良い体づくり

代謝の割合 筋肉運動の割合

効率の良い体をつくる事を考えましょう。
迷わず食事をして、迷わず運動する。

効率の良い体とは、少しの運動でより多くのエネルギーを消費できる体の事です。
人の1日の消費カロリーですが、100%の内、基礎代謝が70%を占めます。
ほぼ基礎代謝にエネルギーを使ってると言っても良いでしょう。

通勤、仕事、運動などの生活活動代謝は20%です。頑張っても20%です。
70% VS 20% どちらで痩せていく方が効率良いでしょうか?
正解は・・・両方です。
しかも、両方ともパーセンテージを上げてゆく事が可能です。

基礎代謝ですが、イメージとしては、あなたに黙って内蔵が運動してくれてると思って下さい。
その内蔵の中でも、約40%の運動量を誇るダントツの1位は・・・筋肉なのです。
筋肉を動かしたり、増やしていけば70%の基礎代謝量も、増えていきます。
しかし・・・何もしなければ筋肉は動きません、増えてもくれません。むしろ、年齢と共に筋肉は減っていってしまうのです。

運動する事で筋肉は動き、増える。さらに、特典があります。
そうです、運動する事により、20%の生活活動代謝も増えていくのです。
そうすると、少し気を付けだした食事が効いてきます。
運動で動かしたり、増えた筋肉により、基礎代謝のパーセンテージが増え、運動した事で生活活動代謝も増えています。
これにより体が引き算を始めていき、痩せていく事が出来るのです。

ボクササイズ®の魅力

ここで断言します。筋肉が増えると言ってもボディービルダーのようには成りません。
無理です。彼らがどれだけ血の滲むような苦労をしてあの筋肉を手に入れているのか、彼らは、アスリートだと思って下さい。
女性が頑張って運動しても、良い具合に絞まる程度にしか成りません。

ボクササイズ®は、効率の良い体をつくってゆく要素がたくさんあります。
有酸素運動 + 無酸素運動 + 成長ホルモンによるダイエットです。

しかも、これらは全て同時におこなわれます。
そう、ボクササイズ®の独特な動きで全てが連動して体がつくられてゆくのです。

3分1ラウンドによるボクササイズ®独特のステップワークは、シャドー、サンド、パンチング、全てにおいて有酸素運動となります。
体の中に酸素をたくさん取り込み、脂肪の燃焼をうながします。

これらのトレーニングは同時に、無酸素運動もおこなっている事となります。
どうして?と思うかもしれませんが、ステップワークによる有酸素運動を続けながら、瞬間的にあらゆる部分で回転運動をおこしながら、力を集中させてパンチを打ち込む。
パンチを連続する事で無酸素運動もおこなえるのです。

未来を見つめて、美しくダイエット

ボクササイズ®トレーニングをしていると、嬉しい事に脳から成長ホルモンが分泌されます。

近年、成長ホルモンはアンチエイジングとダイエットで注目されています。
脂肪を分解しエネルギーに変えたり、筋肉などの細胞を再生させる為のホルモンが成長ホルモンです。

成長ホルモンは、睡眠中か運動時に分泌されます。
運動の中でも有酸素運動より、無酸素運動時に分泌される事が解っています。

さらに、成長ホルモンが分泌されている時に、有酸素運動をおこなうとより、脂肪燃焼効果が高いといわれています。
そうです、ボクササイズ®は有酸素運動+無酸素運動+成長ホルモンによるダイエット

年齢と共に減ってゆく筋肉を補いつつ、体を引き締め、皮下脂肪も内臓脂肪もなくしてゆき、未来を見つめて、美しく痩せていく事を目標としましょう。

※当サイトに記載されている BOXERCISE® ボクササイズ®は三迫正廣の登録商標です。